Motion|株式会社モーション

ビッグデータ解析/EV充電器管理システム/タクシー配車最適化システム/受託開発

新着情報News&Topics

[プレスリリース] 2014.09.19

データサイエンティスト中西達夫の4冊目『すぐれた判断は「統計データ分析」から生まれる』発刊

データ解析のスペシャリストが、経験頼みの働き方から抜け出す「実践的なデータの扱い方」をストーリー形式で解説

2014年9月20日(土)、当社のデータサイエンティスト中西達夫の書籍『すぐれた判断は「統計データ分析」から生まれる‐仕事の突破口を見つける数字の意味のつかみ方』を発刊いたします。

単行本・ソフトカバー/216ページ/1,512円(税込)
出版社:実務教育出版

販売ページ(Amazon)

(株)モーションのデータ解析スペシャリスト中西達夫の著作『武器としてのデータ分析力‐データ・サイエンティストの「未来を予測」する技術』

内容紹介

実際の現場には都合のいいデータはないことがほとんど。
分析方法の知識よりも、根底にある「データを受け入れる下地」がないとうまくいきません。
そんなありがちな状況を例にして、3人の登場人物によるストーリーを交えた解説で、実感しやすさを目指しました。
実践的な対処法を重視してご紹介しています。

  • 業界ランキングから売上を推測する
  • 顧客アンケートを現実的に活用する
  • 売上増に関係するデータをあぶり出す
  • 回帰分析で一番のお得意様を算出する

目次

  • PART0:データに騙されず、データを活かす!
  • PART1:「数字に意味を込める」と1つ上の仕事ができる
  • PART2:「先手を打つ」ために仮説を立てる
  • PART3:ランキングから売上を推測する
  • PART4:「分布」を知ると全体が見えてくる
  • PART5:「偶然かどうか」を判断するには
  • PART6:一見「差のないデータ」、さてどう読む?
  • PART7:どんな関係があるかは「相関」から見つける
  • PART8:予測する技術「回帰分析」

著者紹介

◆中西達夫(なかにし・たつお)
1966年東京都生まれ。
半導体、ゲームソフトウェア、オープン系システムの開発に携わる。
アマゾンよりも先に日本初のレコメンデーション・システムを開発。
それを機に統計解析の世界に入る。現在は(株)モーション専務取締役かつデータ・サイエンティストとして、統計手法を応用したシステム開発、ビッグデータのコンサルティング活動を行なっている。
主な著書に『武器としてのデータ分析力』(日本実業出版社)、『統計データをすぐに分析できる本』(アニモ出版)などがある。

ブログ人気記事
既刊2冊の紹介動画